砂糖の摂りすぎに注意する

砂糖には、お腹や子宮を冷やす作用があります。
妊活中はもちろん、妊娠してからも食べすぎには注意したい食材です。
白砂糖だけでなく、黒糖や甜菜糖も同様です。
甘みが欲しいときには、羅漢果糖を試してみるのがよいです。
体に吸収されず、ミネラルも豊富です。
貧血予防にもおすすめです。
続きを読む 砂糖の摂りすぎに注意する

心理的なストレスが腸の動きを鈍らせる

暴飲暴食を続けていると、腸に負担がかかり、腸の動きが鈍って便秘がちになります。
これはいわば腸に物理的なストレスがかかった状態です。
一方、心理的なストレスもまた、腸機能を低下させます。
いつも仕事に追われていて、心の休まる暇がない生活では、便秘はなかなか治りません。
続きを読む 心理的なストレスが腸の動きを鈍らせる

高糖質食はランチで

夕方から夜に至るまで十分にエネルギーを消費することが見込めるため、昼食は1日のうちで最も多くのカロリーを安心して取り入れることのできる機会です。
太らないためには控えたい炭水化物や、ピザなど糖質や脂質過多なものがたまに食べたいと思ったら、ランチタイムを活用するようにしましょう。
続きを読む 高糖質食はランチで