月別アーカイブ: 2017年1月

ゆっくり散歩でしなやかな骨盤に

子宝に多く恵まれていた時代の人の生活は、歩くこと抜きには成立しませんでした。
しっかり歩く生活は、出産に適した骨盤をつくり、産みやすい体へと導くものです。
通勤や普段の買い物など、日常生活の中で意識的に歩くことが下半身のトレーニングにつながります。
続きを読む ゆっくり散歩でしなやかな骨盤に

音楽を聴いて心も腸もリラックス

食生活の改善や運動などに入れ込みすぎると、緊張感が強くなって、かえって腸にストレスをかける場合があります。
何もしないでリラックスする時間を作ることも大切です。
心も体もリラックスさせましょう。
ヒーリングミュージックには腸のストレスを和らげる効果が期待できます。
続きを読む 音楽を聴いて心も腸もリラックス

咀嚼回数が増える食材でたるみを予防

最近は、柔らかい食べ物が多くなって、咀嚼の回数や力がそれほど必要なくなったこともフェイスラインのたるみの一因です。
さつまいもやごぼうなどの食物繊維、砂肝のように硬く歯ごたえのある肉や骨つき肉など、噛む回数が増える食材を積極的に摂るとよいでしょう。

美健改善化通販.com
美容と健康に関する悩みを改善してくれる商品を通販でお得に購入するための情報。
続きを読む 咀嚼回数が増える食材でたるみを予防

足りない栄養素はサイドオーダーを活用

外食やコンビニ弁当に頼ってしまいがちな昼食は、その日のメニューに足りない食品や栄養素は何かを常に考えるクセをつけたいものです。
そして可能な限り、追加オーダーや1品プラスでその栄養素を加える努力をすることです。
栄養バランスがよければその分代謝もアップして、痩せやすくもなります。
続きを読む 足りない栄養素はサイドオーダーを活用

歯磨きは食後30分以上経過してから

食後すぐに歯磨きをする人が多いようです。
これは口臭の予防には効果的といえますが、虫歯を防ぐという意味では、逆効果になってしまうおそれがあります。
歯の表面のエナメル質の内側には、象牙質と呼ばれる柔らかい層があり、この部分はエナメル質に比べて虫歯になりやすい層です。
そして、食後30分以内に歯を磨いた場合、象牙質の腐食は激しくなり、逆に虫歯になりやすくなってしまうのです。
虫歯予防という観点から歯磨きをするなら、食後30分以上経過してから行うのが賢明といえます。
続きを読む 歯磨きは食後30分以上経過してから